【水虫】サウナ好きが爪水虫をなおしてみた

やってみた」シリーズは個人の体験記です。

つまり、私がやった時はこういう結果になったというもので。


専門家ではありませんので、その効果を保証するものではありません

ただ、専門家のお医者さんのところで飲み薬を半年服用した後、完治せずに再発。


もういちど薬を使うには「3か月あけてください」と言われました。


医者はあまり治す気がないのでは?と思った筆者が自力で治したアイテムについて語ります!

① アンカビンmic(ミック)

爪 ◎
皮膚 ◎
アンカビンの一番のイメージは、効くというか浸透、染みこんでいる!という感じ。
他の薬は表面上の効果を感じるものの、あまり深く効いた気がしない。

塗りやすさ 〇
とても塗りやすい。手も汚れない。この形状を考えた人すごいと思う。
ただ、たまに一気に出てしまう。

塗った後 〇
液体内の水分量が少ないのか、比較的すぐに乾いてくれる。
最初は色が他のついてしまうことが心配になる。
しかし、塗った後にすぐに白い布を上を歩くなどの極端な場合をのぞき、実生活上はそこまで気にならない。
※足をカバーする自作アイテムをつくりました。

敵は爪の根本に潜んでいるらしいので、爪の周囲にぐるっとかけます!!


②ネオトラバングリーン

爪 △
皮膚 〇
桶に水を入れて、薬を入れる。
患部に効くというよりは、足を一旦消毒しているイメージ。

だから水作業でちょっと足全体がふやけてしまったり、菌的に汚れたなぁという時に使用。
このために桶を用意したりちょっと面倒だけど、サウナあがりは必須だと思っている。

これで消毒した後に、アンカビンミックを塗る流れが最強。


③ファンガクリーム


爪 ?
皮膚 ◎
成分がほぼ油なので、湿気に有効!
油なので塗った後も薬がそこにあり続けるかんじ。
長時間靴をはかなきゃいけない時などに塗っておくと少し安心。

一方で、染みて浸透する感じは少なくて、皮膚の表面上に菌を増殖させない感じ。
爪の間とか見えている範囲は塗ることができるけど、液体ほどは入りこんでいかない。

あと全然乾かないので、家で指先に塗った後は気をつかう。
※足をカバーする自作アイテムをつくりました。

指の間とかデリケートゾーンとか隠れた部分に長時間効果を発揮するアイテム。

④やすり


一度は「爪をけずりたい」と思うでしょう。

できれば痛くなくて、いい感じにけずれて、無限に使えるものがいいですよね。

爪 ◎
皮膚 ◎

この商品は皮膚にも使えました。
足のかかとをきれいにするアイテムでもあります。

もちろんやりすぎると痛覚に近づいてしまいますが、爪や皮膚などをいい感じに削ることができます。

ただ爪と皮膚の間が削りにくかったり、範囲が広いとつかれます。
そこで次のアイテムもあればよいです。


⑤ドリル・ネイルマシン


一度は、「爪を全部ひっぺがしたい」と思うでしょう。
でもそこまでしなくてもなおりました。

そしてこのドリルもそこまで熱心に使う必要がありません。

目的は爪の表面をけずること。
こうすることで薬の浸透をよくしようとするぐらいで大丈夫です。

患部を摘出しようとか、深くまでがんばりすぎると危険なのでやめましょう。
ドリルを爪に当ててみると、意外とマイルドな削り具合であることがわかります。
垂直に掘るのは控えて、斜めを使って削りました。

あと、やすりとドリルでかなり頑張って掘った時期がありましたが、患部より奥の場所にも菌がいます。
つまり、爪を全部はがしたとしても、適切な薬を使わないと皮膚の水虫が治らないと思うのです。


⑦重曹


爪 ×
皮膚 △

重曹をかけても奥の水虫には全く通用しないけど。

予防!
足の水虫が転移しないように、重曹風呂にします。

重曹は入浴剤にもよく入っている成分。
肌がすべすべになる効果もあり。

分量はどのくらいか?
たくさん入れるほどよいですが、毎日だと結構な使用量。
それも肌がすべすべになる手前ぐらいでOK。

それでもKg単位の購入はもちろん覚悟したほうがよいと思います。


⑧自作アイテム「足カバー」

セリアの入れもの+ゴムひも。

冬はこたつや布団の中に足を入れたい。
ああでも足に薬を塗ったばかりで気をつかう!!
そんな時に通気性のよい足カバーが欲しいのです。

思ったものが売ってなかったので自作しました。

⑨メンタル

最後に、必要なものは治すための精神です!
爪水虫は自己中・めんどくさがりがなるという情報もあります。

毎日、朝夕薬を塗り続けるという几帳面さ。
それを1年以上。
きちんとした落ち着いた生活を送らないと治らないという病です。

この機会に生活をみなおしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました